海外サイト・海外旅行でのショッピングで
トラブルにあわないために
海外サイト・海外旅行でのショッピングでトラブルにあわないために

ポイント(5):キャンセル・返品条件の確認

海外サイトでは、返品やキャンセルに関する規定がわかりやすく書かれていない場合があります。
たとえ日本語サイトであっても、海外の企業が運営していることもありますので、必ず確認することをお薦めします。

返品ができるかどうか不安な場合は、あらかじめメール等で確認しましょう。
特に海外サイトは日本のサイトと異なり、キャンセルや返品が厳しい場合が多く、仮に返品が認められた場合も返品送料などが購入者負担になる場合もあります。

その他、格安の航空券や海外ホテル予約の際は、フライトや宿泊するホテル、プランによってキャンセル・ 返品条件が異なる場合もあります。また、一度購入すると、キャンセル・返品条件に合意したとみなされ、返金などが一切認められないことも多く、過去に購入したことのあるサイトでも、都度これらの条件を確認することをお薦めします。

英文サイトの見方

(1)ヘルプ

事業者の問い合わせ先については、「Help」と表示された箇所に記載がある場合があります。「About us」と書かれた箇所に、住所などの事業者情報が記載されています。「Contact us」と書かれた箇所には問い合わせ先が表示されます。「Shipping Rates」と書かれた箇所には発送料が記載されています。「Return Policy」と書かれた箇所には、返品ルールが記載されています。
海外の認定機関が付与している認定マークがサイトに表示されている場合は、信頼できる事業者である可能性が高いといえます。

(2)利用規約(発送方法)

発送方法については、「International Shipping Information」などと表示されている箇所に表示されています。その中に、例えば「International Options & Destinations」と書かれている箇所があれば、そこを読み、国際発送が可能かどうかや、商品到着までの日数、追跡の可否を確認します。商品が紛失する可能性もあるため、追跡可能な発送方法を選びましょう。また、瓶などの割れ物の場合、保険の有無を確認しましょう。

(3)利用規約(返品)

英語のウェブサイト上で、商品の返品規定が表示されているのは、「Return/Exchange an item」などと書かれている箇所になります。商品を購入する前に、必ず返品規定を読み、返品ができるかどうか確認しましょう。
例えば、英語で「may be returned to us for up to 180 days」と書かれている場合、購入後180日間は返品が可能です。
また、事業者に返品する場合の送料負担については、「On international shipments」などと書かれている箇所に記載されています。例えば、英文で「We do not pay for return shipping on international orders」と書かれている場合は、海外取引の場合の返送料負担はしない、という内容になります。