海外サイト・海外旅行でのショッピングで
トラブルにあわないために

海外サイト・海外旅行でのショッピングでトラブルにあわないために

  • ホーム
  • 海外サイト・海外旅行でのショッピングでトラブルにあわないために

海外サイトや海外旅行でのショッピングでトラブルや被害が急増中です

日本では手に入りにくい、日本よりも安く手に入るという理由で、最近人気の海外インターネットショッピング(以下、海外サイト)ですが、反面、言葉の壁や商習慣の違いでトラブルにあわれる方や、日本人の消費者をターゲットにした悪質な事業者等により被害にあわれる方が急増しています。

しかし、ちょっとした注意を払っていただくだけで、トラブルや被害にあわずに済むケースも多くあります。

こちらのページでは、海外サイトを利用する際の注意点や、実際にあったトラブル事例を掲載しています。不要なトラブルや被害にあわないために、是非ご一読ください。

海外インターネットショッピングでのお買い物前にご確認ください

(1)トラブル時の言葉の壁は大丈夫?

海外サイトでの購入手続きはそれほど難しくありません。

しかし、海外サイトとのトラブル解決は相手の国の言葉でやりとりする必要がある等言葉の壁や商習慣の違いなどから、購入者自身で解決するのは難しい場合も多くあります。優良事業者でもちょっとしたトラブルでコミュニケーションがとれず、返品や返金ができないといったケースも報告されています。

利用規約が正確に理解できないなど、コミュニケーションに不安がある場合は、言葉のわかる方と一緒に利用するなど、慎重に検討する必要があります。

(2)日本語のサイトでもご注意ください

日本人をターゲットに、日本語で運営されているサイトが多数確認されています。サイトの表記は日本語ですが、海外事業者が運営しており、キャンセルや返品の規定が一般的な日本のサイトと異なるサイトや、日本語表記のため安心して取引できるように見せかけて、偽物の商品を販売するサイト、取引後に全く連絡が取れなくなるサイトなどとのトラブル相談が多く寄せられています。

海外サイトとのトラブルの解決は非常に困難なため、日本語で書かれていても安心せず、キャンセル等の規定や、事業者の連絡先や日本語におかしな点がないかなど、しっかり確認した上で購入しましょう。

(3)市場価格より極端に安いブランド品は安易に購入しない

市場価格よりも極端に安いブランド品には必ず理由があります。その大半は、違法にコピーされた模倣品である事が報告されています。

模倣品はブランド保有者の商標権を侵害するものであるため、関税法により、輸入も輸出も固く禁止されています。

商品到着後に模倣品と判っても「返品」することは 「権利侵害品の輸出」にあたり、行うことができません。この場合、返金手続きが長期化し困難になる場合もあります。ブランド品は直営店や正規代理店など信頼できるお店で購入するように心がけましょう。

(4)海外サイトの停止や削除は困難

海外の悪質なサイトを日本から停止、削除等することは困難です。また、一度トラブルに遭遇すると、国内以上に解決が難しくなります。

これらを理解したうえで、実際に注意するポイントを見てみましょう。