CCJ-Chatbotについて

スマートフォンなどの当選をきっかけとした海外有料サイトの登録・課金のトラブル

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)からのアドバイスは以下のとおりです。

1.海外有料サイトの登録・課金について

パソコンやスマートフォンを使っていたら、突然「最新のスマートフォンが当たった」などというポップアップ画面が表示され、興味を惹かれてクレジットカードの情報を入力し申し込んだら、自動的にまったく別のサービスの申込みになり、海外の事業者から月額利用料を請求された、といった相談が寄せられています。
「スマートフォンが当選した」という表示のほか、「最新のスマートフォンが99円で買える」「簡単なアンケートに答えたら、最新のスマートフォンがもらえる」「テストユーザーになったら最新のスマートフォンがもらえる」などという広告をきっかけに契約している相談もあります。
当センターに寄せられる相談の傾向を踏まえると、登録したサイトの利用規約において、「トライアルの期間中の一定期日等までに解約の申し出をしなければ、定期的な継続契約として料金が発生する」旨が記載されていることが一般的です。

そのため、解約を希望する場合は、できるだけ早く事業者に解約の申し出をされることをお勧めします。クレジットカードを止めたり、カード番号を変更するだけでは、事業者から引き続き請求が来る可能性があります。
また、上述のような利用規約に同意をした上で申し込みとなっていることが多く、解約と同時に返金を求めるのも一案ですが、すでに支払った料金については、利用規約に返金しない旨が記載されていることを理由に返金を拒否されるケースが散見されます。

2.事業者への解約の申し出について

以下では、海外有料サイトの登録・課金に関する一般的な事業者への解約の申し出方法をご説明しますので、ご自身で対応される際の参考にしてください。

(1)事業者の連絡先メールアドレスまたは問合せフォームを確認する。

事業者の連絡先は、事業者からの登録確認のメールに記載されているのが一般的です。
事業者からのメールが届いていない場合は、迷惑メールとして振り分けられる可能性もありますので、一度メールボックス内をよく確認してください。
メールが届いてない場合、登録したサイトや請求元となっているサイトを確認し、サイトに記載されているメールアドレスや問合せフォームなどの連絡先をご確認ください。
メールアドレスは、事業者からのメールや事業者のサイトの「Contact us」や「Terms and Conditions」などに記載されていることが一般的です。サイトによっては、「問合せ」という表現の代わりに「チケットの申し出(Ticket Support)」等との表現となっていることもあります。

上記を確認しても事業者の連絡先が判明しない場合は、請求元についてクレジットカード会社にお問い合わせください。

(2)事業者の連絡先(メールアドレスまたは問合せフォーム)に、英語で解約の申し出をする。

下記に「事業者への解約の申し出文(英語・ひな型)」をご用意していますので、ご利用ください。

(3)解約の申し出後、事業者からの返信メールを確認する。

事業者からの返信メールが英文の場合は、インターネット上で無料で利用できる翻訳ソフト等を利用して、その内容を確認してください。事業者との間で解約できた場合も、念のためクレジットカード情報の変更をおすすめします。

自動返信メールについて 解約の申し出直後に、事業者から英文のメールが届くことがあります。英文の中に、「automatic response」「automatic reply」「autoreply」等の表現がある場合には、メールを受付けた旨の自動返信メールですので、そのまま様子を見てください。

事業者からのメール(自動返信メール以外)への対応 事業者によっては、解約の申し出をしてもすぐには解約に応じず、割引の提案や、解約理由を尋ねるメールが届く場合があります。これらのメールに対しては、再度解約の申し出を行うことで、最終的に解約・返金につながるケースがみられます。このため、事業者から解約手続き完了の連絡が届くまで、粘り強く解約の申し出メールを送ってください。

その他 事業者からの返信メールが英文の場合は、インターネット上で無料で利用できる翻訳ソフト等を利用して、その内容を確認してください。

3.クレジットカード明細の確認について

知らないうちに複数件の契約をしているケースも確認されていますので、クレジットカード明細をご覧いただき、他に不審な請求がないかを確認してください。
複数件の契約をしている場合は、それぞれの契約について解約の申し出をする必要があります。それぞれについて、上記「2.事業者への解約の申し出について 」の対応をしてください。
手元にまだカード明細が届いていない場合は、利用されたカード会社に確認してください。

4.CCJへの相談について

事業者の連絡先を調べたが分からなかった場合や、解約の申し出をしたが10日程度過ぎても事業者から何の返事もない場合などは、以下の相談受付フォームからご相談ください。その際は、相談内容にChatbotをご利用されたことを明記ください。なお、ご相談への回答はChatbotの内容と重複する場合があることをご了承ください。

(注)このページは当センターのホームページ下部の次の項目からもご覧いただけます。 CCJ-Chatbotについて

事業者への解約の申し出文(英語・ひな型)

件名:Request for a cancellation and a full refund

本文:
Dear Customer Support,

I am XXX(※ご自分の名前をご記入ください).
I would like you to terminate my membership and stop the charge on my credit card immediately, because I did not have any intention to make a contract with you.
And also, I request to get a refund of the monthly fee.
- Email address used to sign up with you
▲▲▲▲@XXXX (※契約時に登録したメールアドレスを記入ください)
- First six digits of debit/credit card used to make payment
▲▲▲▲▲▲(※登録時に使用したクレジットカード番号の上6桁をご記入ください)
- Last four digits of debit/credit card used to make payment
▲▲▲▲ (※登録時に使用したクレジットカード番号の下4桁をご記入ください)
Please let me know if you need further information to cancel my account.
I look forward to hearing from you soon. Thank you in advance.

<日本語訳>
私はXXXと申します。
私は貴社と契約をする意思はありませんでしたので、解約とクレジットカードへの請求を速やかに停止してください。
また、併せて、月額会費についても返金してください。
- メールアドレス
▲▲▲▲@XXXX
- クレジットカードの番号の上6桁
▲▲▲▲▲▲
- クレジットカードの番号の下4桁
▲▲▲▲
もし、解約手続きに必要となる情報が上記の他にございましたら、ご連絡ください。
お返事お待ちしております。よろしくお願いいたします。

申し出文を送る際の注意事項

セキュリティの観点からクレジットカード番号をそのまま伝えることはお控えください。 メールアドレス、クレジットカード番号の上6桁および下4桁の両方を伝えることで、先方での契約者情報の特定を容易にする目的で、申し出文への記載をおすすめしております。 申し出文のひな型には返金を希望する旨を記載しておりますが、不要であれば件名「and a full refund」と本文「And also, I request to get a refund of the monthly fee.」を削除のうえ、送信ください。