CCJ-Chatbotについて

詐欺・模倣品サイトのトラブル(銀行振込・支払済)

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)からのアドバイスは以下のとおりです。

1.事業者について

当センターでは、商品を購入されたサイトが詐欺・模倣品サイトかどうかを判断することはできませんが、そのサイトに以下のような特徴がある場合は、当センターがこれまで受けた相談の傾向から、事業者は悪意をもって販売を行っている可能性があります。

サイト上に事業者の名称、住所、電話番号が明確に表記されていない、または虚偽の住所を記載している 問合せ先のメールアドレスがフリーメール サイト内の日本語が正しく表記されていない ブランド、メーカー品で価格が極端に安い 商品が到着しない、または異なる商品が到着し、交換・返金に応じてもらえない 事業者と連絡が取れない

海外の悪意をもった事業者については、その実態をつかむことができず、消費者との交渉に応じない、連絡が取れなくなるなどのケースが多くみられます。そのような事業者から商品を購入した場合、残念ながら返金を受けるのは大変困難です。
また、商品が正規品かどうかについてはメーカーの判断が必要ですが、このような事業者が扱っている商品は、商標権等の「知的財産権」を侵害する商品(いわゆる模倣品)の可能性があります。

以下に、詐欺・模倣品サイトのトラブル(銀行振込・支払済)に関する一般的な対応方法をご説明しますので、ご自身で対応される際の参考にしてください。

2.振り込め詐欺救済法について

銀行振込で代金を支払ったものの商品が届かないなどの場合、「振り込め詐欺救済法」の救済制度を利用できる場合があります。
この制度は、振り込め詐欺などの犯罪に使われた銀行口座を金融機関(以下銀行)が凍結し、その口座の残高を被害回復分配金として被害者に分配するものです。ただし、凍結された口座に残高がない場合は分配を受けることはできません。

振り込め詐欺救済法における口座手続きについて(全国銀行協会:外部リンク)

(1)警察への相談

銀行への申し出の前に、警察への相談をおすすめします。
これは銀行への申し出の際に、その口座が犯罪に利用された疑いがあることを客観的に示すことが必要となるためです。警察への相談は必須ではありませんが、被害届等を示すことで、銀行の対応が得られる場合があります。
ご自身で最寄りの警察署に連絡し、「振り込め詐欺救済法の申し出に向けて被害届を提出したい」と伝えて、経緯を説明してください。
被害届を受理するかどうかは警察の判断となります。被害届が受理されなかった場合には、警察に相談した日時と担当者名を控えて、銀行に伝えてください。

(2)銀行への申し出

振込先銀行の窓口に連絡し、振り込め詐欺救済法による救済を求める旨を申し出てください。
その際、事前に警察に相談をした場合は、被害届があること、または警察に相談した日時と担当者を伝えてください。
銀行では振り込め詐欺救済法に対応するため、それぞれ電話相談窓口を設けています。以下のサイトより、振込先銀行の相談窓口が検索できます。

金融犯罪に遭った場合のご相談・連絡先(全国銀行協会:外部リンク)

警察で被害届が受理されなかった場合でも、銀行にはご連絡ください。多くの方から特定の口座についての情報がよせられることで、銀行が口座凍結を行う可能性が高まります。また、将来口座が凍結された場合、事前に銀行に申し出ていれば、被害回復分配金を受けとれる可能性もあります。
なお、口座凍結に関する一連の対応については銀行の判断になります。

3.商品到着時のご注意

すでに商品が届いている場合、または今後事業者から商品が届いた場合、安易な返送は控えてください。
前述のとおり、商品が正規品かどうかについてはメーカーの判断が必要ですが、模倣品を海外へ返品する行為は「権利侵害品の輸出」として関税法違反に問われるおそれがあります。

4.インターネット通販の注意点

インターネットで商品を購入する際は、サイトの表記が日本語かどうかに限らず、以下の点にご注意ください。

サイト上に事業者の名称、連絡先住所、電話番号が明確に表記されているか、または虚偽の住所が記載されていないか 問合せ先のメールアドレスがフリーメールとなっていないか サイト内の日本語が正しく表記されているか ブランド、メーカー品で価格が極端に安くないか その他、インターネット上のサイトの評価やトラブルの情報

当センターのホームページ上で同様の相談事例を紹介していますので、ご覧ください。 模倣品の海外インターネット通販に関する相談 詐欺が疑われるショッピングサイトでのトラブルに関する相談

5.CCJへの相談について

ご自身での解決が難しい場合など、CCJへの相談をご希望される場合は、以下の相談受付フォームから相談ください。その際は、相談内容にChatbotをご利用されたことを明記ください。なお、ご相談への回答はChatbotの内容と重複する場合があることをあらかじめご了承ください。

(注)このページは当センターのホームページ下部の次の項目からもご覧いただけます。 CCJ-Chatbotについて