相談事例

(12)詐欺が疑われるショッピングサイトでのトラブルに関する相談

海外インターネットショップで商品を購入し、お金は支払ったが商品は届かない、お店に連絡しても返事がない、という相談が寄せられています。もし、買ったお店が悪質業者だった場合は返金が望めないため、購入前の確認が重要です。

相談概要

海外の楽器販売サイトで音楽機器をクレジットカードで購入しようとしたところ、「海外からの購入では入金方法は銀行振り込みになる」とメールがきました。購入前には商品について親身に相談に乗ってもらったこともあり、指定された口座(海外の銀行)に送金しました。すると商品も発送されず、それ以降連絡が取れなくなりました。海外通販では日本に比べて返答が遅いことが多いようで、そこまで疑ってはいなかったのですが、ここでショップサイトの不審な点に気付きました。電話番号で検索をかけてみると、家具にオーディオ、釣り具など多様なショップのウェブサイト(住所も異なる)があるのですが、それらのサイトの電話番号が全て同じになっています。またその電話番号が詐欺サイトである、などという英語の書き込みも発見しました。

アドバイス

購入前にお店の評判や実体、支払方法などの契約条件をよく確認しましょう。

購入する前に、サイトにお店の「電話番号」、「住所」の記載があるか、それらが実在するかなどを確認しておきましょう。海外のお店の場合、日本のお店にくらべて実体等が分かりづらいことが多いので慎重に検討しましょう。
このほか、インターネット上の評判等も参考になる場合もあります。すべてを鵜呑みにはできませんが、例えば、「www.xxxx.com(サイトURL)+ scamまたはfraud(いずれも詐欺等を表します)」などで検索すると、海外サイトの場合、英語で評判が書かれていることがあります。これらの機械翻訳などでもおおよその評価の良し悪しは分かると思われます。
契約をする前に、支払方法や解約条件などもしっかりと確認しましょう。特に高額商品を購入する場合はより慎重な判断をしましょう。 商品価格が一般的な流通価格と比べ過剰に安くないか、日本語の表現におかしな点がないかなど基本的な確認も怠らないようにしましょう。 万が一のトラブルの際に返金などの救済手段が用意されているか確認し、そのような方法がある場合には利用するとよいでしょう。 一般的に銀行振込や海外の銀行への送金には消費者保護の手段が用意されていません。あえて、お店からこれらの支払手段を指定された際などはできるだけそのお店からの購入は控えた方がよいでしょう。

このサイトの落とし穴(CCJからのコメント)

(1)サイトが悪意を持って販売を行っている場合、支払方法によっては解決が困難な点

万が一このような詐欺と思われる海外のサイトに代金を銀行送金などで支払ってしまった場合、最初からだますつもりで販売しているので、代金支払い前は丁寧に連絡をしてくるものの代金を支払った後は一切連絡が取れなくなります。その場合、商品の配送はもちろん、返金してもらうことも大変困難です。
こういったサイトの特徴の一つとして、クレジットカードによる支払方法があるにもかかわらず、銀行振込、送金などの支払方法を指定される場合があります。これらの支払方法には購入者を保護する仕組みなどがないため、トラブル時もお店からの返金しか望めません。

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考事例として掲載するものです。同じようなトラブルであっても、個々の契約等の状況や問題発生の時期などが異なれば、解決内容も違ってきます。